ランサムウェア対策にもwinbestが有効です

昨今、巷を騒がせているwannacryですが、まずはWindowsのファイル共有プロトコル「SMBv1」の脆弱性を悪用し、対象の端末を感染させます。

その後、ランダムな通信先に対して攻撃の通信を送りつけ、相手を感染させます。

今回、それらが爆発的に普及したのはやはり、メールだけではなく同ネットワーク内のセキュリティ対策がされていないマシンも感染したことがあげられます

感染してしまうと

このwannacryに感染してしまうと、マシン内にある、jpg、.mp3、.pptx、.docx、.xlsxなどの主要な拡張子を持つファイルを暗号化されてしまいます。
現状、この暗号化を解除する手立てはなく、犯人たちの要求に有るようにビットコインを使って支払いをするように言われます。
ただし、このビットコインでの支払いは日本ではまだ知名度が低いため送金ができず、データが復元できなかった人も多いかと思います。

現在、複数の機関で、wannacryによる暗号化されたファイルをもとに戻すためのシステムを開発してくれているようです。

winbestなら、感染前にシャットアウト

そうです、何が言いたいかというと、ランサムウェア対策にもwinbestは万全の対策を行っています。

セキュリティ対策は最初が肝心です。

何か合ってからの後手後手の対応は、莫大なコストと、途方も無い時間がかかります。

まずは、お気軽に一度お問い合わせ下さい。

これまでの対策成功実績等もNDA締結後であれば開示可能です。