最高級のセキュリティシステムwinbest

winbestの思想、誕生~発表まで

winbestのセキュリティシステムは非常に高度な設計を元に開発されており、通常の社内セキュリティシステム等とはそもそも思想段階から異なったかたちのものです。

私達は、セキュリティシステムにはある程度王道のストーリーをもとに開発されている特徴に気付き、その場合に産まれるセキュリティホール等のリスクを1つずつ潰せるような仕組みが必要と考え、このwinbestという商品が出来上がりました。

winbest開発秘話

winbestは、大手セキュリティシステム開発会社に務めるエンジニア2人が、王道にそったセキュリティシステムは、日々進化する悪質なウィルス等の脅威と果たして本当にはりあえるのかという議論がもとになり、プロトタイプが開発されました。

winbestプロトタイプ完成まで

会社勤めをしながらも、毎週少しずつではありますが、理想とするセキュリティシステムの構築のために議論・開発・修正を重ねてまいりました。

元々本業がエンジニアということもあり、技術的な課題よりも思想・設計に関してのブレスト・議論に時間を咲くことが多く、このタイミングで多数のエンジニアの意見が交じり合ったことにより、最高のセキュリティシステムにつながったと考えています。

8ヶ月程の開発期間を経て出来上がったwinbest(当時はPα-ピーアルファ)のプロトタイプ版ですが、まだまだ荒削りではありましたが順調にセキュリティソフトとしての土台が出来上がってまいりました。

セキュリティシステムにはいくつかの方向性があり、私達が目指すwinbestのセキュリティシステムは、

  • 人工知能により、常に進化し続ける
  • 常識を疑い、常に様々な方向性から活動するシステム
  • 常駐しているが、ストレスフリーな軽快さ

といった特徴があります。

また、販売するにあたって下記のルールは徹底したいよねとの2人の意見から、発売して2年経った今でも下記のルールは変更せずにおります。

  • 更新費用は年に1度のみ
  • 台数に応じたフィーの撤廃。企業単位での価格設定

様々な企業とのタイアップ

また、winbestが良く”珍しい”とのお声をいただく理由の一つに、異業種とのタイアップを多数行っている点があげられるかと思います。

これは、エンジニアだけの組織だと思想がかたより、見えている常識・ルールも狭くなってしまうのではないかという発想からきています。

全く関係の内と思われる飲食業と、セキュリティシステム開発会社のタイアップで何がうまれるというのでしょうか?

 

これはプレスリリースをはじめて打った際にたくさんの同業・元同僚にも聞かれました。

winbestは優れていると確信した

私たちはその時点で、いかに私達のwinbestが優れているかが確信に変わりました。

そもそも、私達がwinbestのセキュリティシステムを開発したのが、

  • 常識を疑い
  • 既存とは全く違う方向からのアプローチ

をコンセプトにしたのは、進化するサイバーリスクに戦えうるシステムを作成するからです。

様々なマルウェア、ウイルスが蔓延している現状を打破するには、既存とは全く違う観点からのアプローチが必要と考え活動している以上、全ての提携・タイアップの目的ありきという考え方時代が旧世代の考え方だと思ったのです。

現に、弊社が開発したwinbest for FOODは飲食店のPOSレジに潜む潜在的なリスク検知において、大きな功績を残しております。

今後も常識を常に疑い、進化するシステムを開発し、世の中のインターネットをより安全に快適にできるよう努めようと考えております。